校長室から

【2017.09】「本当の‥」

「本当の…」

                            校長  髙田 晶子

 9月9日(土)に里中学校開校40周年を記念し、第40回記念体育祭を実施いたしました。天候にも恵まれ、保護者、地域の皆様のご協力のもと、さらには魂響和太鼓会の皆様の演奏で花を添えていただき、盛大に実施することができました。「大きな声援」の中、生徒たちが一生懸命取り組む姿に一歩一歩里中学校が「前進」していることを感じ、素晴らしい一日になりました。本当にありがとうございました。

今年の夏、栃木県足利にある「こころみ学園」(知的障害者施設)を訪問しました。設立時の川田昇園長さんは2010年に89歳で亡くなられましたが、その遺志を継いで現在も約150名の方々が生活をしている施設です。川田園長先生の著書の中に次のような言葉が残されています。

『ある時、実習に来ていた大学生と一緒に、子どもたちが山の原木の伐採をやっていました。その時私は、子どもも集めておいて「こうやって切れよ」と一回だけ見本を示して、後は聞きに来ても一切教えませんでした。「先生切れねえ」と言うから「ああ、さっき言った通り、昨日言った通り」そこなのです。自分から気づくまで教えてはいけないと思うのです。ただし、やっている見本はどこにいても示しておかなくてはいけません。職員が懐手なんかして動いていなかったら失格です。子どもたちが作業具を下げていれば、職員も同じようにしているようでなければ、本当の指導はできません。』

子どもたちの本当の嬉しそうな顔は、私たち大人にとってはこの上もないご褒美です。

園長さんは、「子どもたちに自分でできることをさせ、その中から自ら気づいてわかることでなくては本当ではない」とも述べています。これは、子どもたちに関わる大人すべてに当てはまることで、指導者が能率的にやりこなす方法を指導したのでは、本当の指導につながるのだろうかと考えさせられました。日々を振り返れば、時間に限りがあり、多忙と言われる毎日を過ごしている人がほとんどです。それでも、子どもたちから嬉しそうな顔のご褒美をたくさんもらうために、一緒になって作業する、一緒になって生活する本当の大切さを、学園の訪問を通して改めて考えさせられた夏でした。

10月14日(土)には40周年記念式典を開催いたします。実行委員会の皆様とともに準備が進んでおります。里中生の前進する姿を披露できればと考えております。ご支援をよろしくお願いいたします。

-校長室から

関連記事

【2017.12】「〇〇に没頭する子どもたち」

「○○に没頭する子どもたち」 校長  髙田 晶子 すっかり冬支度になってきました。毎朝、校務員さんが落ち葉の掃き掃除をして生徒を迎えてくれています。一日に何度も竹箒を持つ日もあり、本当にありがたく思い …

【2017.01】便利さに負けない、「笑顔」と「夢」のある生活

保護者・地域の皆様方には、ご健勝にて新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。平成29年新たな年がスタートいたしました。旧年中は里中学校のためにご支援賜りましたこと厚く御礼申し上げます。本年もどうぞよ …

【2018.05】本物に触れる

巻頭文 本物に触れる が開きます。クリックしてご覧ください。

【2016.05】人とロボット

五月晴れの気持ちよい陽気になりました。学校も通常日程での生活が軌道にのったところです。13日にはPTA総会が行われ、新体制のスタートとなりました。PTAの皆様には、いつも生徒の教育活動にご支援いただき …

【2018.07】心をなくす前に ~待つ心を~

巻頭文 心をなくす前に が開きます。クリックしてご覧ください。